読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

素早さ調整

ポケモン ORAS 調整指標

素早さ調整(抜き調整)とは仮想敵を定めてそれを抜くことで対戦を有利に進めるのを目的としたもので調整の中でも比較的メジャーで効果を計算しやすいものと考えている。

 

よく言われることだがポケモン対戦は急所と追加効果の関係で攻撃を当てることができればより有利になるゲーム。攻撃することで厳しい相手でも上記ワンチャンス、削って裏に任せるといった手段もとれる。そのため最低限の努力値で抜かせる相手を増やすのも重要。

 

僕は抜き調整+αが大好きで役割に支障がなければ1~2ポイント多く配分してしまうことが多い。(重要な確定数がずれてるかもしれないが…)

 

使用率の高いポケモンで所謂テンプレ型(努力値あるいは技が近しいもの)を使用する時、一度ダメージ計算をして問題なさそうならばS+1してミラーに強くするのもあり。

 

素早さ調整をするにあたって自分が重要だと考えるSラインとしては以下。

(赤は特に環境に多いと思われたり、近いポケモンが多いと考えているライン。)

  • S231(意地スカーフガブ)
  • S214(意地スカーフ霊ランド)
  • S200(メガゲン)
  • S191(ゲッコウガ
  • S181(ジャロ)
  • S169(ガブ)
  • S167(最速100族)
  • S154(準速ガブ)
  • S141(最速ドラン)
  • S134(最速ガッサ)
  • S124(最速バンギ)
  • S113(S↓最速ガブ抜きスイクン
  • S106(4振りスイクンクレセ)
  • S80(60族)

以下概説

  • S181(ジャロ) 

処理が遅れるとあまのじゃくリフストで手がつけられなくなるのとへびにらみが極めて強力なので上から倒せるポケモンがいると安定。幸い草単で弱点は突きやすい。

下にはメガルカ、化ボルト、110族がいることもあってまとめて抜けるジャロ抜きに設定したい。

  • S169(最速ガブ)

凄まじい範囲と高い火力を誇るが先制技がないこともあって上をとる意義がとても大きい。ただガブ側の対策の対策としてスカーフ、襷、封じ、耐久調整、さめはだといった上をとる中で阻害要素がありとても厄介。それでも動きにくくさせるために重要な抜き調整で剣舞ガブへの切り返しとして必要なSである。

下には受けにくい100族のメガエース盛りだくさんなのもこのラインが重要な理由。

  • S154(準速ガブ)

受けにくい意地鉢巻ガブ。陽気鉢巻もいるので万全ではないが例としてHBクレセが逆鱗2発で落ちた場合などのケア。

  • S124(最速バンギ)

最速バンギ意識というより最速ガルド、準速ガッサ、中速のS調整帯なんかの激戦区となっている印象。

高耐久のこれらに強いポケモンの場合是非抜いておきたいところ。S106をちょうど抜いた場合4振りロトムと同速のをどう見るか。

  • S60族

ガルドポリ2ニンフジバコブルンノオーラプラス。(ガルドはS90付近剣舞、S振り毒キンシ、冷静両刀が多い。61族バンギもいる。)

このあたりは激戦区でSに振ったクチートマリルリもいるがどの程度まで振るのが悩ましい。