読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

ボーマンダニンフィア(マンダマンムーの裏)

マンダマンムーは有名な並びで、マンダ軸に必要な要素をマンムーが多く満たしており優秀である。

 

しかし有名であることは対策も進んでいるという訳で油断はできない。

特にマンムーが役割を持ちたいボルトロスが気合玉や草結びを覚えている場合は極めて不安定である。実際に上記搭載率が高い霊獣ボルトロスが非常に重い並びになってしまっている。

マンダ対ボルトの対面になってしまった場合、マンダは電磁波やめざ氷を受けると厳しいので裏の電気無効氷半減のマンムーに引きたい。しかしマンダからボルトに打点を持ちにくいため、ボルトに交代を読んだ行動をとる余裕がありマンムーに気合玉草結びが当たってしまう危険がある。かといってマンダが機能停止に陥るのも避けなければならず嫌な択になってしまう。

 

そこで引き先をマンムーではなく別のポケモンにするという案がある。

 

その引き先に求める条件として

  • 特殊耐久が高く悪巧みされても耐える
  • ボルト遂行に必要最低限の火力を持つ
  • 電気、格闘が弱点でない
  • めざ氷、草結び2発で落ちない
  • 麻痺が痛くない

(その他毒や身代わりに耐性がある、電気無効等オプションがあれば素晴らしい)

などを満たせば交換を読まれても一発崩壊を防ぐことが期待できるだろう。

 

これらを高い水準で満たし白羽の矢が立ったのがニンフィアである。(他の候補も探してはいるが難しい。)

ボルトに後投げから勝つという役割達成のために型は迅速遂行の眼鏡や高特殊耐久のチョッキやオボンが候補に上がる。

眼鏡10万はさすがに厳しいがそれ以外はある程度戦えるだろう。

 

電気無効でないのでボルチェンと電磁波を通してしまうが

  • ボルチェンは数がかなり減少傾向で当たったら事故。
  • 電磁波はニンフが元々素早くないので割り切る。
  • マンムー等の電気無効や麻痺無効の電気タイプを選出画面で見せることで電気技や電磁波を選択されにくくさせる。
とある程度カバーできていると思われる。

 

ボルト対策を抜きにしてもマンダニンフ自体の相性もなかなか良い。

  • ドラゴン無効で拘りドラゴンを牽制。
  • 構築単位で面倒な両刀バシャ、特殊ゲッコウガ、メガヘラ、ジャロ、雨グドラをタイマンで始末できる他、型や配分次第でガブ、メガゲン、メガバシャの高KP勢に勝ちうる。
  • ポリ2、サンダー、ブシン、サザンにある程度後投げが利く。
  • ニンフは炎が苦手だがマンダがカバーしている。

これらの点からマンダ軸にニンフィアが入れられることが多いのも納得できる。

 

惜しい点は両者鋼(ガルドグロス)に弱いことなのでボーマンダ地震や炎技を採用するか炎枠やブラッキーを投入してカバーしたい。