読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

ボーマンダの性質と運用法【概説】

f:id:Brighton30:20160808175705p:plain

特に記述がない場合はメガボーマンダであるという前提。

  • 基本的な性質

火力耐久速度全てが高いが若干全てが足りないという性質があり、言い換えると高レベル器用貧乏で10段階評価なら全項目8~9点といったところか?

全てが噛み合った時の性能は他の追随を許さないが、どれかが足りない弱点を晒すことも多く今一つ活躍できないことも。

弱点耐性が尖っており物理耐久が高い点から繰り出し性能は高めでサイクル導入が向いているのだが、ステロゴツメ捨て身反動で疲弊しやすくサイクル数が限られたり羽休めを選択せざるを得なくなるのが惜しいところ。

対面行動時のみメガシンカ可能である点、メガ枠がパの柱になりやすい点、メガシンカすると威嚇を失うという3点から対面志向的な性質も持っている。

対面性能が低めなのが大きな穴。氷4倍始めメジャーな弱点、並特殊耐久、微妙な初速、先制技無し、アタッカーを一撃で落とせるか微妙な攻撃力(メガシンカでのAC補強が少なく、特性強化補正がサブに乗らず不一致技の火力が低い)等の点からタイマンに不向きと言える。一撃で相手を倒すには僅かに火力が足りないがボーマンダ自身が少しでも削れると不一致特殊氷の圏内に入ってしまう。特定のポケモン以外ではボーマンダを受けられないので所謂「釘付け」の対策がとられるケースも多いが、対面性能が低いので釘付けの難度が低く相手視点での対策が比較的容易。

物理相手の直線的な戦いでは凄まじい強さを誇るが、搦め手を行うことが苦手であり数値受け、状態異常、害悪、特殊構築に対する耐性が低いので蹂躙されやすく誤魔化されやすいのも無視できない欠点。

メガボーマンダはとても強力なポケモンではあるが、メガ枠ということもあり求められた役割を果たすまでは事故死及び機能停止しないような立ち回りが要求されることから扱いは簡単ではない。

メガシンカもらえなかったらお通夜状態なので本当に良かった

 

  • 環境視点

今のガチ環境で採用されるポケモンはある程度の火力耐久速度を求められた上で尖出した強みを持っているものばかりだが、ボーマンダは僅かに突き抜けが足りない。

メガ枠の観点からは火力はガルーラ程ではなく、耐久はヤドランやフシギバナ程ではなく、速度もゲンガー程ではないという感じである。

基本的な指針としてはガルーラとの殴り合いに勝つことを目標としたい。ガルーラは単純に数がとても多いのが最大の理由であるが、その他の理由として今のガルーラは秘密の力、特殊技、グロパン、身代わりにより受けることが極めて困難であるだけでなくゴツメでの削りを入れるのも簡単ではないという点が挙げられる。マンダ対ガルーラ対面では威嚇を入れて裏のゴツメに引くのが王道の立ち回りだったが、上記技の台頭でそれさえ全く安定しなくなったこともあり対面処理の重要性が上がっていると感じる。

ガルガブクレセドランガッサスイクンの並びに対しての刺さりは悪くないのは追い風だろうか?

ガブリアス対策にガブ並みかそれ以上に引っ掛かってしまうのがいただけない。

環境への刺さりが弱めで釘付けにされる危険があるので、ボーマンダの他にも構築にメガ枠(裏選出)を用意してボーマンダ選出が厳しい対戦でも構築パワーを落とさないようにしたい。

 

役割対象

f:id:Brighton30:20160709231208p:plainf:id:Brighton30:20160709231650p:plainf:id:Brighton30:20160709231202p:plainf:id:Brighton30:20160726234425p:plainf:id:Brighton30:20160726234503p:plainf:id:Brighton30:20160726234358p:plainf:id:Brighton30:20160726234350p:plain

今の環境で繰り出せる相手は多くない上にこれら相手にも役割破壊技があると負けてしまうので万全ではなく絶対的な役割がないのが辛いところ。このことがより対面寄りになっている一因と思う。

高KPの中に有利な相手が少ない(刺さっていない)のになぜPGLランキング入りしているのか不思議に思っている。 

 

  • 運用にあたって

ボーマンダ運用の鍵は高ステータスを生かした火力耐久速度のバランスと考えている。

ステータスの傾向、耐性、技から考えると、ある相手の素早さを(メガ後に)抜き1回相手の攻撃を耐え2回攻撃して落とすのが得意である。即ち相手の攻撃をX回耐えてY回で落とせるか?という所謂「速度計算」がしやすいのが強みで有利不利も分かりやすい。

素早さと攻撃力も高い上に技の範囲も狭くないので交換から受けに来れるポケモンは限られており、明確な受けがいないパに対しては有利対面を取れた際の圧力も十分。予め想定した有利対面を作りたいが、ボーマンダ自身が繰り出しからの役割遂行にある程度期待できるところが素晴らしい。

 

ボーマンダに求める理想の立ち回り

1.役割対象を始末して後続にも負担をかける「1.5殺」

2.繰り出される被役割対象にも負荷をかけて相手のサイクルを壊す「崩し」

3.高めの攻撃力と素早さから終盤の「抜き」

のどれか(または複数)を担わせたい。

もちろん全てこなそうとすると過労死は避けられないので、選出及びゲームの流れの中でボーマンダにどんな役割を期待するのかを明確にして立ち回りたい。