サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

アンコアシレーヌ【起点回避】

何時も閲覧ありがとうございます。

第七世代でもよろしくお願い致します。

 

 

f:id:Brighton30:20161119135655p:plain

アシレーヌ@専用Z、オボン、(水妖プレート)

激流

種族値:80-74-74-126-116-60 遅いラティオス

控えめ 物理耐久と火力を高める(HBCベース)

ムーンフォースアクアジェット/アンコール/うたかたのアリア、熱湯

※補足

うたかたのアリア

水 特殊 威力90 当たった相手の火傷治癒    音技

わだつみのシンフォニア(うたかたZ技)

水 特殊 威力195

 

  • 調整例

専用Z対面意識

183(220)-84-113(148)-178(124)-137(4)-82(12)

C:仮想敵遂行や負担かけに高めたい

わだつみのシンフォニア(眼鏡竜星群の威力)

H161-D125ウルガモス(D+2) 158~188 超高乱1(15/16)

ムーンフォース

H183-D106ガブリアス 182~216 高乱1(7/8)

H171-D120ギャラドス 81~96 乱2(78.91%) 

HB:対物理ドラゴン対面意識

A216メガボーマンダ 捨て身タックル 156~184 超低乱1(1/16)

A200ガブリアス@鉢巻 毒突き 162~192 乱1(1/4)

A233メガバシャーモ 飛び膝蹴り 75~89 確3

HD:サザンには余裕を持って繰り出せる

C194サザンドラ@眼鏡 悪の波動 48~57 確4

C205ウルガモス@珠(C+1) ギガドレイン 164~195 乱1(3/8) 

S:4振り60族抜き(余り)

1ポイント単位で乱数が変動するので微調整してよい。

特殊耐久(総合耐久)が落ちるがBCベースに近づけて火力を高めてもいい。

 

サンムーン水御三家。フェアリータイプなので枠としては護り神に弾き出されてしまいそうな気もする

同タイプのマリルリと比べて火力や物理耐久は落ちるが、メインが特殊であること(火傷威嚇の火力への影響無し、命中安定、非接触)から総じて安定感では勝る。

タイプ優秀、火力や耐久が程々、鈍足だが先制技ありといった点から耐えて返す対面意識か繰り出し遂行が基本となるだろう。

特性の激流は相手依存なので当てにはできないが、程々の耐久を持つので発動が見込めないこともなく耐えて返す動きとの相性もなかなか。

 

バシャーモが解禁されれば猛威を振るうことが予想されるが、教え技である雷パンチがなければ速攻打点がなく対面意識でも1回後出しから流せそうである。

繰り出しを考えると数値的な耐久は過信できないのでオボンやウイ等がないと辛そう。ただしきのみ発動で激流圏内から外れてしまう状況があり悩ましい。対面重視なら火力補強、繰り出し重視なら回復系といった感じだろうか?

配分は火力を高めたいが、役割対象を考えると物理耐久も必要でとても悩める。60族になるべく上をとりたいのだが火力耐久の確保から入りたいので努力値が余ればという感じになりそう。

 

メイン水技はうたかたか熱湯の2つのうちどちらかが有力と思う。ドロポンは無しではないが鈍足で行動回数を稼げず外すと負けが見えるので優先順位が落ちる。

うたかたZ技が威力195と強力で実質眼鏡竜星群の火力といえば分かりやすい。凄まじい瞬間火力と自身の一撃は耐えそうな耐久から高い対面性能が期待できる。素では半端な火力を補えるだけでなく、水技の一貫の高さやフェアリーとの補完からタイプ受けされにくそうなこと、うたかた自体が音技なので身代わりでZ技をすかされにくいのも追い風。タイプ有利ながら特殊では遂行が困難なウルガモスにも繰り出しから倒せたりリザードンをどちらでもZうたかたで処理できるのも大きい。

専用Z持ちでなくても身代わり貫通期待でうたかた採用もあり得る。他の味方との連携で火傷治癒効果が邪魔になるならば波乗りにしてもいいが、そうでなければ相手にZ技を警戒させる意味でもうたかたを採用したい。

熱湯の追加効果の火傷はスリップダメージが弱体化(1/8→1/16)したようだが、それでも物理への圧力は変わらないし微量でも火力増強はありがたい。スリップダメージでフェローチェマンムーを襷ごと葬れる可能性があるのは嬉しい(アクジェはあるが逃げられず倒せるのが良い)。

役割意識しての採用ならばメガシンカやZ持ちのエースは別に用意しているはずで、相手の並びに対して繰り出しから流しや削りをできればいいので熱湯が合うのではと考えられる。

アクアジェットは火力が全く出ないが襷持ちに強く確定数(乱数)を補える。自身が鈍足なこと、対面性能が飛躍的に高まること、水フェアリーで範囲は十分なことから優先順位がとても高い。

 

サンムーン環境はシステム的に積みに対する抑止力が第六世代より低い(状態異常と先制技の弱化から以前より抜きを止めるのが難しい)こともあり隙を見せることが危険であると考えられる。つまり相手を倒した(遂行)後の起点回避が重要になってくる。

アシレーヌに入れるべきと考えているアンコールは起点回避を意識したものである。鈍足の部類なので積み技を警戒する場合に後手アンコールで縛ることが可能。もちろん自身より遅い相手の補助技を縛ったり、敢えて技を固定して捨てることで自身が起点作成役になれる等のアンコール本来の用途もあるので汎用性も損ないにくい。

※備考

Z技に対してはアンコールが失敗。Z技はアンコール状態でも選択可。アンコール状態自体は継続。

これらの仕様から相手によっては起点回避にならないことは注意。

 

第五世代に遊びで以下のダイケンキを使っていたがそこから発想を得た。

f:id:Brighton30:20161219220121p:plainダイケンキ@神秘の滴    激流

202(252)-108-120(116)-154(92)-91(4)-96(44)

熱湯/冷凍ビーム/アクアジェット/アンコール

アシレーヌダイケンキと比べて物理耐久と速度を落としたがフェアリータイプと火力と特殊耐久が付いたという感じである。火力がこの程度でいいのなら物理耐久を確保することも可能なのでフェアリー複合である分強力と考えている。

 

環境も不透明であるしどの程度戦えるかは分からないが活躍を祈りたい。

 

  • 使用構築

【サンムーンS1使用構築】凡俗マンダサイクル(最高最終2022) - サラマンスター(ポケモン)