サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

レートとフリーの住み分け

  • 注意

ご覧いただきながら誠に申し訳ありませんが、今回も愚痴記事ですので見たくない方はプラウザバック願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今作より伝説禁止フリーが復活した。

このルールはランキングがつかないことから気軽に対戦することが可能な場所として期待している。レートで勝ちを目指すに当たりどうしても厳しいスペックのポケモンを活躍させられる可能性があり、いい意味で一喜一憂できそうという感じである。

ORASではフリーが気軽に対戦できる場所として機能しているようには見えなかったので過去作個体を使いたい他の目的で潜ることはなく半ば消去法的にレートに潜っていた。思えば第六世代の不満もフリーがフリーとして機能していなかったから生じたものも大きいのではと考えている。

僕は元来ヌル勢であるのでサンムーンから再びフリー中心に対戦しようかとも考えている。但しレートも止めることは考えていない。レートでは勝ちを目指し、フリーではまったり遊ぶという感じである。第七世代の目標として楽しむことをあげたが楽しみのベクトルがレートとフリーでは別であり、どちらも楽しみたいと考えている。

 

但しそれでもフリーもいずれ厨パに侵食されて一つの楽しみ方が失われる(第五世代と第六世代でも通った道)のではと危惧している。

それは何故か?

簡単に説明するなら、勝ちたいだけの人がフリーで厨パを使い続けるからである。

 

ガチパと厨パは一見似ているようだが全くの別物である。

ガチパはガチパと戦うことを想定した構築だが、厨パは並びこそガチパだがガチパと戦うことを放棄したもの。すなわちレートのパーティは初手降参やネタを除きガチパだが、フリーで勝つことのみを目的としたのが厨パである。

 

レートはランキングや戦績がPGLに掲載されるので勝ちに行くということを目的とした場合にマッチしたモードである。

勝ちが目的であるという性質上、仮にフリー民がフリーの構築でレートに挑んでも負ければ跳ね返されるかレートが下がる(自然淘汰)。逆に中堅マイナーでも結果を残せれば一つのガチパと認識される。さらに自らが勝ち上がっていけば初手降参やネタと当たる機会はなくなり勝ちに来ている相手とマッチングするはず。

それ故にフリー側からのレートへの侵食は問題にならない。

 

ではフリーとはどういった場所か?

僕はフリーとは何を使ってもいいという意味もあるが、気軽に潜れるという意味のフリーであると解釈している。そのため厨パが跋扈して気軽に潜れなくなったフリーは最早フリーとは呼べない無法地帯と言いたい。

ポケモン対戦は勝負であるから勝ちを目指すのは当然だが、勝ちへ最も合理的なのは如何に強力なポケモンや並びを使って実戦でプレイング介入の余地を減らして作業的に立ち回れるかということになり、それは実戦の勝負を楽しむとは相反する部分がある。それにそのような勝ち方を目指すならレートという相応しい場所が既にある。

 

僕は第五世代フリーで厨パ相手に苦い思いをしてきた。一応中堅上位や強ポケクラスを使えば個々の性能頼りであるフリー厨パに勝ち越すことはプレイング次第ながら十分可能であったのでそれらを狩ることに楽しみを見いだせた部分はあった。

それでも厨パとばかり戦うのも面白くないし、フリーまで来てレートのような並びと積極的に戦いたいとは思わないし、プレイングは悪くなくても数値で負けるのが不快で、何よりも厨パ相手に勝ち濃厚になった際に切断や放置を食らったことも数知れないことからマイナスの方が大きかった。

これらにより勝とうとすると此方のパーティの強さも引き上げなければならず、勝ちに行くか黙って去るかに分岐せざるを得なくなる結果、エンジョイ勢の楽しめる場所が淘汰されてしまうのである。この流れは本当に残念であり、よく言われる「対戦過疎」の大きな一因と思う。

 

フリーへ強いポケモンで組んだパーティで潜る理由として、レートで使えない過去個体を使いたいというならまだ理解できる。また初心者の方が対戦に慣れる目的で潜っている可能性やメンテナンスでレートで潜れない場合も考えられるのでその点は留意している。

但し「レート試運転のための」フリーというのは僕には第五世代から今に至るまで全く理解することができないし、レートフリーの住み分けを壊す愚行とさえ思っている。

環境(よくマッチングする相手)がレートとは異なるのだから試運転にはならないだろう。フリーの勝つことをさほど重視していない相手に強いポケモンを使えば相当勝ちやすくなるのは当たり前。厨パ使い曰く「雑魚の掃き溜め」のフリー試運転で得られるものなど何があるのだろうか?

パーティにも格があり、上述の通りガチパはガチパと戦ってこそのものであると思う。強くなりたいのであればレートに潜って強い相手と戦った方が遥かに上達が早いはず。負けて失ったレートも強くなれば取り返せるのだから、負けを恐れる結果厨パでフリーに来たというならばお察しである。

そのためにガチパと戦うことを放棄したフリーの厨パには「勝負したいのではなく勝ちたいだけなんだろうな」という感想を抱く。勝負したいと思っていない相手と戦うのはとてもつまらないし時間の無駄と思う。

 

勝てないから文句言ってるといわれるが、論点がずれていて同じような相手ばかりで面白くなく勝ちを意識し過ぎるとフリーの空気を殺伐とさせるため良くないということを伝えたいので誤解なきよう。

 

対策しない方が悪いというのは真剣勝負の場(レート)でのみ通用する理屈だと思っている。

対策に使えるポケモンも一握りであり、対策すること=強いポケモンを使うこととも解釈できるからである。そもそも並大抵のポケモンでは倒すのが難しい(構築単位で勝つのはさらに困難を極める)からトップメタなのではないだろうか?

 

勝ちたいだけならばポケモン対戦というゲームである必要がない。どのようなポケモン並び構築を使い、どのように立ち回るかを事前及び実戦で考えてつかみとる勝利に意味があると思っている。つまり過程を楽しむことが重要であり、勝ちたいだけならば別のゲームをやった方が面白いと思う。

 

 

真に悪いのは勝ちを目指すと一部のポケモンしか使えないバランスにしてポケモン毎の強さの格差を埋めない開発であると思う。特に開発のお気に入りが露骨に弱体化を逃れているのが首を傾げるところ。

 

今作の様々なデフレ調整やマイナーの種族値上昇は評価できるが、一部未調整の高KPや調整の仕方が不味いと考えられる部分があるのは残念。但しまだ環境初期もいいところなのでこの辺りの正しい評価を下すことはできない。マイナーチェンジが発売されるころには環境の評価も固まるだろう。今作は環境調整のためのアップデートがあるかは不明だが開発はまずいと判断すればさっさと行うべきと思う。ガルーラを3年間放置した前科から全く期待していないが

 

僕がフリーに潜る際には

  • 単体性能で勝負が決まることを避けたりフリーならではの勝負の楽しみを守るため、以下のポケモンを合わせて1体のみの制限をかけること(準伝、600族、シングルレートシーズン終了時PGLランキング入り経験有り)
  • 長引くのを嫌うため受けループの並びを含めてポイズンヒール、ムラっけ、小さくなるを使わないこと(トレースやものまね指を振る等は例外)
  • これまで通りフリー厨パとマッチングした際には全力で倒しに行くこと(真の厨ポケ狩りを目指す
  • 総じて自らがきちんと住み分けて楽しむこと

これらを持って対戦したいと考えている。

 

※余談

エンジョイ勢がフリーにある程度流れることが予想されるのでレートの価値は第七>第六になると予想。要するに第七の方がレートを上げづらくなるのではと考えている。

 

汚い記事をご覧いただきありがとうございました。

広告を非表示にする