読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

プレイヤースキル

プレイヤースキル(プレイヤーの強さ)とは、知識や実戦判断や構築作成力等の総合力。以前書いた(第七世代でやりたいこと - サラマンスター(ポケモン))で説明した「判断力」を含むのは間違いない。

 

僕の考えの一つとして、実戦での強さは構築+プレイヤースキル+(運)の総合力であるのだが、その中でも使っているポケモン(構築)の強さとプレイヤースキルは別ものであり、その中で後者を評価したいということである。

上記に付随して強いポケモン(構築)を使う=実力とは言い切れないと考えている。

理由は以下の3点。

  • プレイヤースキルはプレイヤー自身の能力なので使っている構築の強さとは独立したものであること。プレイヤースキルが高ければそれだけ強力な構築を用意しやすいので無関係でもないのだが、強い構築を用意するのは構築作成段階でのプレイヤースキルであって実戦での判断力とは異なるものである。
  • レートで勝ちに行くならば強いポケモン(それを組み込んだ構築)を使うことが前提になっている(相手も強いポケモンを投入している)ので、強いポケモンをガンガン使ったからと言って有利になることは少ないこと。リーにおいても、もし厨ポケ禁伝を使うならば中堅マイナーパに対してスペック差で押しきることは難しいことではなくプレイヤースキルが優れているための勝利とは言いにくいこと。
  • ネット上には強いポケモンや構築が山ほど公開されていて誰でもその気になれば(一部準伝説は厳選が難しいだろうが)それらを使えること。それらがその時の環境にマッチしているかは分からないがそれぞれの単純なスペックの高さから最低限の強さは保障されているだろう。

 

このゲームは数値のぶつかり合いであるからプレイヤースキルで引き出せるポケモンの強さにはどうしても限界がある。の観点ではプレイヤースキルとはポケモンのポテンシャルを殺さないことという意味であるとも考えられる。

 

環境分析からメタを読んだり、強い構築並び個々の型を「開発」するのもプレイヤースキルの重要な一部分である。

故に既存構築をコピーするのはプレイヤースキルではなく作業という認識。なお決して構築のコピーという行為自体を否定しているわけではなく、ただプレイヤースキルとしては評価できないという意味である。

しかし使い初めはコピーでも環境に応じてカスタマイズして改良できるのは立派なプレイヤースキルであるし、コピーでも高レートに到達できればプレイングが素晴らしい。さらに考えた結果コピー元に近いものや全く同じものになる場合も多く、思考や実戦の果てにそれに到達できることも良いプレイヤースキルを持っていると考えられる。

 

僕はこれからも使っているポケモンの強さを問わず高いプレイヤースキルを持つ方及びそれを高めようとしている方を惜しみ無く称賛していきたいし、自身のプレイヤースキルを高めていきたいとも思っている。