読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

【サンムーンS3使用構築】鋼枠分担マンダサイクル(最高最終2061)

シーズン3お疲れ様でした。

対戦して下さった方々に感謝致します。

 

  • 概要

f:id:Brighton30:20170505201020p:plain

懲りずにタイプ補完サイクル。見た目が弱そうな構築を作ることに関してはレート2300

組み始めはボーマンダアローラベトベトン

マンダが苦手とするカプテテフゲンガーゲッコウガポリゴン2クレセリアウツロイドへ役割を持ておいうちでサイクルカットや削りを行えること、対面からカプレヒレ霊ボルトロスウルガモスと戦える点に可能性を感じて使ってみたかったことから。

べトンで役割対象を倒すか削ることでカミツルギの一貫を作るのも重要でこの点でもおいうちが活きる(ツルギベトン)。

レヒレとサンダーは一貫消しや繰り出しから削りを入れるための補完。

サイクルを組むにあたって全体的な速度難から終盤の抜き(詰め)が難しいという欠点があるが、Sが高めなマンダツルギの他に電気無効を兼ねスカーフマンムーを採用することでこれに応えて薄いながらも勝ち筋を確保した。

この勝ち筋により最終的にそれらを通す動きも考えやすくなり、選出や立ち回りでの思考の軸ができた部分がポイント。

 

もう一つ理念的な試みとしては枠の分担というもの。

本構築では鋼枠に関しての分担を行った。 

現環境で鋼枠に求められるのはカプテテフに対しての繰り出しを筆頭に汎用的な耐性での繰り出しや毒無効を活かした高耐久の崩しが挙げられる。

ただ全ての役割を鋼に押し付けてしまうと役割集中による過労死、強力な炎が見えた際に選出が難しくなることが懸念される。

そのために鋼の役割を細分化して各々のポケモンに持たせることで過労死を防ぐこと、ある役割対象に純粋な鋼枠(ナットレイテッカグヤヒードランギルガルド等)より適するポケモンで処理しに行けることを期待した。

結果としては、マンダサイクルで鋼枠は中核を担う枠であるため純粋な鋼枠を採用せずシーズン通して戦ったことはレート参戦以来初めてだったが、枠を分担することで問題なくサイクルで戦って行けた(もちろん鋼枠は優秀なので追加投入もありだと思う)。

この枠の分担に関して、また別の記事でもう少し詳しく説明できればと考えている。

 

  • 個別紹介

f:id:Brighton30:20170312135517p:plainカプ・レヒレ@オボンのみ ミストメイカー

176(244)-x-170(156)-120(36)-151(4)-114(68)

ムーンフォース/自然の怒り/挑発/黒い霧

 

型の基本的な説明はS2構築記事を参考に願いたい。

フェアリータイプで耐久も高めなのでドラゴン耐性という鋼の役割の一つを担当する。

構築全体が隙を与えやすいので起点回避のために投げるクッションとしても扱うことを想定して霧で使用したが、今シーズンはカバルドンランドロス鋼の増加とバトンの減少からなみのりに変更した方が良かったかもしれない。

後続のベトンツルギがフィールドによる異常無効の恩恵を享受しやすくその意味でのサポーターとしても活躍した(詳しくはべトンツルギの項目にて)。

本来の役割対象であるリザードンXバシャーモギャラドスパルシェンは体感減少したように感じたものの本構築では安定性の面から欠かすことができなかった。

役割としては補完の部分が大きいのだが異常なスペック故に選出機会が多かった神ポケ。

 

f:id:Brighton30:20170312144112p:plainサンダー@ゴツゴツメット 静電気

197(252)-x-147(228)-146(4)-111(4)-123(20)

ボルトチェンジ/熱風/めざめるパワー氷/羽休め

 

見た目が水に強い、交代技、静電気での遂行補佐、独自の耐性という性質から補完として採用した。折角もう1体パンと飴で確保しといたのを厳選育成したのに使わないのは勿体ないので檜舞台を用意した

主に物理鋼やマンダに対する役割を持ちマンダナットのような並びに強め。

対鋼という観点では炎枠の性質も持っていて、その枠としては耐久が高く羽休めでステロダメを回復できるという安定性が現環境では光る点か。

相手の火力水準が過去作より高いこともあり、羽で受け切るというよりはゴツメダメージや静電気の施行回数を増やすという認識で扱うと良かった。

ボルトチェンジはサイクル潤滑の意味合いもあるが、相手に隙を与えやすい自身を撤退させる目的で使う場合も多かった。

メタグロスに対しては冷凍パンチを2回耐えられないので極力氷技が一貫してしまう局面を作らないようにするのに苦心した。とはいえ役割としては静電気の発動もしくはゴツメや攻撃で体力をある程度奪えれば十分ではある。

ミミッキュに対するクッションとしても欲しい要素は持っているが剣舞フェアリーZで倒れるのが辛くもどかしいところ。

総じて強力なポケモンだが、仮想敵へも全幅の信頼を置ける程ではなくリザマンムー霊ボルトガモス等に対する隙の大きさから扱いが難しかったので検討の余地がある枠と思う。

 

f:id:Brighton30:20170312143843p:plainベトベトン毒悪@とつげきチョッキ    毒手

183(20)-172(252)-95-x-150(236)-57

ダストシュート/叩き落とす/おいうち/影打ち

 

型の詳しい説明は単体考察で言及したので構築の観点から解説したい。

本来の鋼枠が持つ役割の内対テテフに特化したポケモンマンダレヒレツルギとの補完に優れる。

細かい点だが構築のトリル耐性を引き上げられるのも嬉しい(主にアシレーヌ入り)。

予めミストフィールドを張っておくことで役割が安定しやすい。対ゲンガーでは繰り出し際の身代わりや交換読み交換が難敵とはいえ相手もリスクを背負っているわけで後は読みと勘の勝負。

毒手が活きる毒突きではなくダストシュートなのは瞬間火力確保とガルドのキンシ回避が目的。

配分はシーズン終盤は主にガルド抜かれを使っていたが一長一短で全くの好みと思う。

やや足りない火力を補えて受け崩しの一助となるチョッキ毒手型での採用だが、攻撃面でミストフィールドとの相性が良くない部分があったのは残念。

起点になりやすいことを除けば期待以上の活躍だったのでマンダ入りでは一度お薦めしたいポケモン

 

f:id:Brighton30:20160830215056p:plainマンムーこだわりスカーフ 厚い脂肪

185-182(252)-100-x-81(4)-145(252) 

地震/氷柱針/馬鹿力/毒々

 

相手の電気無効に強い電気無効枠かつ選出画面でマンダを牽制するポケモン

1900くらいに上がるまではこの枠がアローラガラガラだったが遅さ脆さが辛かったので汎用的に打ち合える枠を欲した結果マンムーに帰結した。

主にコケコレボルトに勝つため上から役割破壊される前に遂行するスカーフ持ちだがシュカコケコをぼちぼち見かけたのが面倒であった。

ゲンガーゲッコウガに対してもベトンが有利とはいえ丸投げしたくはなく戦えるポケモンが欲しい、ミミッキュグロスにも薄めなので上から殴ることで抵抗したい、キノガッサを誤魔化せるポケモンも必要と考えていたので補完としての意味合いもある。

一致メインの他は非常に悩ましく、馬鹿力毒の他に礫雪崩封じ地割れを入れたものも試していた。馬鹿力の優先順位が高いように感じたが後は好みか。

配分はAS極だがマンダの捨て身やコケコの結びを意識してSを削った耐久振りも一考に感じた。

高い速度からこのポケモンの一貫を作るという勝ち筋を考えられ、技固定は難しいと言えどスカーフの強さを再認識した。

耐久に対して厳しいこと(毒地割れ持ち個体でも根本的には解決していない)及び元の速度が中途半端でストッパーとしては機能しにくいことからこれがベストかは分からない枠。

 

f:id:Brighton30:20170504225125p:plainカミツルギ@ノーマルZ ビーストブースト

165(244)-202(4)-152(4)-x-52(4)-177(252)

リーフブレードギガインパクト/聖なる剣/剣の舞

 

ステロに強く独特な範囲と剣舞で特定の並びに対する崩しや抜きを狙う一つの軸。

高速物理なので状態異常を防げるミストフィールドの補佐があれば安定する。

鋼としての役割は対物理を担うが後出しするのはミミッキュナットブルルといった一部や逆鱗に対してのみ。

ギガインパクトZは対面の(耐久に厚くない)リザYガモスレボルトといった他の技が通らない相手を即死させることが可能かつそれらを構築的にも呼びやすくなっているが、元の技が性質上何回も放てないので見切られると辛い。

耐久振りの意図としては物理耐久を盾に舞いやすくすること、攻撃(多くは一致地震かそれに準じる火力のもの)+スリップダメ先制技で処理されにくくすること、A振りで確定数がずれる相手が見つからなかったこと(HBポリ2に対する+1聖剣の乱数を考慮しA206に設定するのは視野)、ブーストや舞と併せるとオーバーキルになることが懸念されるので無駄を減らすというもの。

耐久振りの場合にはテテフのフィールドサイキネ耐えを施すのがテンプレと思うが、スカーフ持ちの対鋼技を起点にできる構築ではなく襷持ちの可能性もあり対面でも不安定なので耐え調整は活きにくいと判断して総合耐久に寄せた。

実際に並び崩しや全抜きの途中で倒れにくくなり遂行し切った対戦が多かったので耐久振りは正解と言える。

終盤になると苦手なマンダカグヤが体感増えたことだけは辛かったところ。

ツルギの採用で勝ち筋の重要さを認識できたことが最大の収穫かもしれない。

 

f:id:Brighton30:20160814172722p:plainf:id:Brighton30:20160814172800p:plainボーマンダ@ナイト 威嚇/スカイスキン

189(148)-171(124)-101(4)-117-102(12)-162(220)

189(148)-181(124)-151(4)-126-112(12)-184(220)

八つ当たり/火炎放射/身代わり/羽休め

  

昨シーズンから使用した個体で身代わりマンダのパターンの一つ。詳しくは最下部リンク先にて。

この型は癖のないメイン、身代わりによる安定行動獲得や補助Zの回避、羽休めによる役割の保持といった点から運用の安定度を高めたもの。

単体としては残りの技枠の自由度が非常に高く個性の出しどころだが、本構築では鋼に薄いことも考慮して役割破壊気味に火炎放射を採用した。

この技構成の特筆すべきはマンダの型の中でも受けループに屈指の強さを誇る点(ヤドランとトーチカドヒドイデ、メガゲンをはじめとした取り巻きに注意)。

持ち前の物理耐久でナットツルギハッサムへの役割、身代わりと併せガルドクチートへの抵抗、削ったグロスを上から仕留める等も可能で相手や状況次第だが鋼に対しても立ち回ることができた。

型の強さとしては申し分ないが、爆発力の無さから補佐的な運用になるのはともかくミラーへの弱さから選出率が低く構築パワーを落としてしまった可能性がある。故に2ウエポン身代わり羽マンダは第2メガや補完として採用すると輝く型と思っている。

この構成のマンダのいい名前募集中です

 

  • 選出と立ち回り

選出に関しては特別なパターンはなく刺さっているポケモンを選んでいくだけだが、一貫を作って通すことを念頭に置きたい。

f:id:Brighton30:20160814172722p:plainf:id:Brighton30:20170312135517p:plainf:id:Brighton30:20170312143843p:plain

当初の考えより多かった選出。メガZ行動保障の視点ではレヒレがカプZ持ちも一考か?

f:id:Brighton30:20160814172722p:plainf:id:Brighton30:20170312135517p:plainf:id:Brighton30:20170504225125p:plain

対受けループのベース。ゲンガー入りにはベトンを絡ませ逆カットを狙う。

 

立ち回りでは相手の抜きエースに注意を払いつつ堅実に処理していく。

結局のところ僕の作る構築は慣れとアドリブの比重が大きい。構築を作る時に大して考えていないということなのでもっと考えろという自戒に尽きる。

 

  • 課題

構築

天候、積みリレー、トリル

行動保証がなく切り返しが絶望的。

単体

リザードン、カプコケコ、ボーマンダポリゴン2テッカグヤメタグロス、霊ボルトロスクチートヒードランジバコイル

その他ちょこちょこ辛い相手多数

具体的な穴としては対鋼打点及び崩し性能の不足といったところ。

 

総じて増えていた相手(特にマンダポリカグヤ)に薄くなっており環境に適応できていない部分があった。

上述の鋼枠の分散と鋼が強い環境のミスマッチ(鋼が強いのに鋼枠不採用)も疑問。

単純な完成度では僕の中では今までで最も手ごたえがあっただけに残念である。

 

  • 結果

本構築を2ロムで使用した。

f:id:Brighton30:20170516185428j:plain

f:id:Brighton30:20170516222353p:plain

TNブライトン 最高2056/最終1943 704位

 

今シーズンは望外の結果。

昨シーズン以前に比べるとレート全体がデフレながら多くの点で自己ベストを叩き出すことができた。

自己最高レート順位の更新、これまでで最も少ない対戦数で2000到達、両ロムで2050到達。特に最終順位100位以内に入れたのが奇跡に近いほどに出来すぎ。

勿論最終では低くなるも最高レートが僕以上の方もたくさんいらっしゃるわけでその方々が保存していたら到達できていない順位。僕のような逃げ腰ではなく溶かすことを恐れずに上を目指し潜れる方が一流と思う。

タイプ補完サイクルであること、KP最上位や既存の並びに頼りすぎないことを自分の中で満たした上である故に喜びもひとしお。

基本中の基本ながら今まで全くできていなかった構築の中で勝ち筋を作ることを多少なりとも意識できたこと、並びとしての強さが今までより強かったことが勝因と思う。

両ロム2000到達後は並行して対戦していき共に2050を超えたが、最終的にメインロムが沈み流れの悪さを感じたので撤退した。最後に勝てなかった原因は色々あるが結局は実力不足に尽きる。

また今シーズンはFFの方や有名な方と多くマッチングし対戦できたことも嬉しかった。勝ちは運ながら負けては実力差を感じ刺激を受けた。

来シーズン以降もあわよくば2000台で戦いたい気持ちもあるが、来シーズンどれくらい潜れるか分からないこと、構築の構想が空っぽなこと、偶数シーズンを苦手としていること、何より2000到達が僕にとっては非常に大変なことであることから来シーズンの目標も2000到達としたい。

 

  • その他連絡

今季もQRレンタルチームを研究や遊びのために使用させていただいた。

構築を提供していただいた方々にこの場で感謝の意を伝えたい。

Special ThanksQRレンタルチーム提供)

クラウディアさん

木魚さん

割りばしさん

(五十音順)

 

長々とお読みいただきありがとうございました。

来シーズンの予定は不明ですがよろしくお願い致します。

 

  • 参考

ぐーみーさんのブログ カミツルギ考察

【単体紹介】カミツルギ*Kartana*Katagami - ぬめぬめぬめら

この記事や当該ブログの構築記事に影響を受けカミツルギを使用。

割りばしさんのブログ 身代わりボーマンダ

身代わりメガボーマンダ - 大空の支配者

ボーマンダの型について詳しく解説されている。

(両者共に無断リンクのため問題があればご連絡下さい。)

 

拙著

おいうちアローラベトベトン【役割意識】 - サラマンスター(ポケモン)

ボーマンダ軸の炎打点【鋼対策】 - サラマンスター(ポケモン) 

使い捨て - サラマンスター(ポケモン)