サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

拘り変化技の功罪

拘りというアイテムは他と比べて非常に異質だがスカーフの場合にはもはや同じポケモンではないと考えていいかもしれない。

特に当記事ではスカーフウツロイドステルスロックを中心に言及していく。

 

まずスカーフロイドの採用理由

1.最終盤の抜き(攻撃の高速)

2.積みストッパー(守備の高速)

3.リザードンウルガガモス霊獣ボルトロス(ゲンガー)への役割

 

前提条件としてスカーフを持たなければリザガモスに対して十分に役割を持つことが難しいのはお分かりかと思う。

Sを上げる積み技持ちがメジャーであり削りを入れるか火力耐久まで高めながら速度が上がるため襷では役割破壊されやすいということでのスカーフ持ち。

 

ロイドの範囲上鋼に対して打点が殆ど入らないため後出しから受けられやすい。

仮想敵に遂行技(ジェムや毒技)を当てるには裏を始末するか交換読み交換読みの攻撃を決めるかしかない。

この例外がおいうちでのサイクルカットだが、ステロも技の性質上リザガモスレボルトへのおいうちの感覚で扱うことが不可能ではない。

リザガモスレボルトはサイクルに導入するには耐久不足ながら中速の範囲なため上から叩かれると不安定な一面もあるためその欠点を咎めやすいとも言える。

被役割の鋼に対してはどうあがいても手も足も出ないのであれば仮想的に負担を集中させるのがサイクル勝ちするための策で擬似おいうちたるステロ。

つまり崩しの対象をロイドを受けてくるポケモンではなく直接役割対象へ変換するというわけで立ち回りの幅を広げるのが意図。

 

拘りで補助技を採用する価値は拘り有利な状況と補助の打ち逃げが見込める点。

拘り系は火力強化や叩ける対象が広くなることから一致技での対応範囲が広がるアイテムとも考えられるため技スペが余りやすく一致の他は実質限定局面で勝ちを拾うための技になっているはず。

ピンポなら想定される局面で刺さる技を入れてもいいのではないかということで補助技も例外ではない。

 

拘り補助技は勿論高リスクであり綺麗ではない。

特に相手の居座りに対して全く対応できていないどころか逆に一気に劣勢となる。

特に上述のスカーフステロは相手が引いてくることを前提としているわけであるから不安定極まりない。

不安定なのに何故採用するのかというと限られた枠の中でできる限り対応可能範囲を広げたいからに他ならない。

 

リスクリターンを意識して慎重かつ大胆に採用や運用していきたいということに尽きる。

 

  • スカーフステロへの言及

木魚さんのブログ

スカーフステロに対する考え - エンジョイ勢がなんか言うだけ

割りばしさんのブログ

スカーフステロイド - 大空の支配者

無断リンクのため問題があればご連絡下さい。)