サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

トップ(このブログについて)

閲覧頂きまして誠にありがとうございます。

 

ボーマンダに関すること、単体考察、コラム的なものが主な内容です。

想定ルールは特に前置きがない限りランダムマッチレーティング準拠シングル6350で考察しています。

 

当ブログ記事は常体で書いていますが、僕自身の考えが緩いのでそれに準じた内容になっています。

基本的には書きたいときに書きたいものを書いた雑文です。自己満足以外の目的はほぼなく、考えたことを適当に連ねたものが多いので読みにくい上に意味が分からない場合もあるかと思いますがご了承下さい。

出来る限り更新していきたいと考えていますがモチベーションに左右されます。

記事は随時微修正しておりますので興味があれば再びご覧いただけると幸いです。

スマホからでは読みにくいページがあります。僕のPCスキルの無さ故でご不便をおかけして申し訳ありません。

 

 

  • 簡易カテゴリリンク(スマホ向け)

サンムーン

ボーマンダ

単体考察(育成論、調整)

コラム

 

オタクの自分語り

当ブログをはじめて一年になる。

これまで閲覧して下さった方々、また今でも読んで下さっている方々に感謝したい。

 

ブログをはじめた当時はORAS終盤。

ランダムにはずっとボーマンダ入りで惰性で潜っていたが、当時から下手くそだったのでレートも当然大したことがなかった。

ただXY期はポケモンをやっていなかったとはいえ、第五世代は初期の方から対戦に挑んでいたこともあり、考えていたことをメモに残したいとブログをはじめたような気がする。

 

書きはじめた結果としてそれなりの方々と交流を持てるようになり、モチベが上がりワンランク強くなれたと思っている。

また何名かの方が僕のブログを面白いと言ってコンタクトして下さったことも非常に嬉しいことである。

そういう意味でもはじめてよかったと思っており、むしろもっとはやく作らなかったことを後悔している。

 

書くかどうか迷っている方に一つ申し上げるとすれば、まずはメモ帳代わりに書いてみてほしいということ。

ポケモンは情報戦であり隠しておくべき情報も多いし、僕も表に出さない情報もある。故に出していい範囲だけでも全く構わない。

書くことに関してはレート2000に到達してないからといって書いてはいけないという決まりなんてない(但し結果が記事の信憑性の判断基準にはなることはある)。

書く理由は自分が書きたいから書くで構わない。読み手にも読む読まないの自由はある故である。

ただ本当に良いものには勝手に人が集まるので、そういった意味では当ブログはお世辞にもいいものとは呼べない。

もっと精進が半分、これまで通りメモ代わりにゆるゆるが半分という気持ち。

 

最後になるが、そんなこんなでこのブログも暇つぶしにでもなれば嬉しく思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近況報告といえば、今シーズンはある縛りを設けて潜っているが1900を拝んでいない超スローペース。

また現在は1830でも1000位以内に入れる程にデフレであり2000への道は非常に険しい。デフレはもとより今現在レートに潜っているのは本当に強い方ばかりという事情もある。

残り3週間少しだが今シーズンは恐らく1900にはのせられても1950程が最高で2000到達は不可能というのが実力を考えると分相応。

まあ個人的に最も重視している成績は最終順位なのでデフレでもその点は影響が少ないのであるが…

広告を非表示にする

【一発ネタ】対ギャラ用サンダー

f:id:Brighton30:20170621200955p:plain

サンダー@ゴツゴツメット 静電気

191(204)-x-124(148)-176(116)-111(4)-125(36)

10万ボルト/残り自由

  • 配分の意図

C:ゴツメと併せ突破を狙う

ゴツメ×2+10万ボルトで181-151メガギャラ最低乱切り倒す

熱風

181-150ナットレイ 172~204 乱1(5/8)

めざめるパワー氷

171‐99メガボーマンダ 160~192 乱1(11/16)

201-152 同上 108~128 状態異常と併せ突破

HB:繰り出しのために確保

A207メガギャラ 氷の牙 86~102 抵乱2(5.08%)

S:最速テッカグヤ抜き

 

メガだけでなく飛行Zやゴツメ特殊まで含めたギャラドスに対して相討ちを取りに行く。

滝や氷牙の追加効果は怖いが、特性静電気の方が発動率が高く相手だけ都合のいい確率を引いたら運負け主張が可能()

一応サンダーとしての汎用性もギリギリ保てておりマンダ鋼水の並びには十分戦えるためそれを含めれば採用できなくはないか。それらに有効であろう技を自由に選んでもらいたい。

 

このポケモンの問題点2点は以下。

  • 少しピンポイント

サンダーというポケモンは数値がギリギリであるが故にこのような攻防に中途半端な配分では器用貧乏に陥る危険がある。

可能な限り仮想敵のみと戦わせたいところ。

  • 現在レートで使用可能な個体を入手するのが非常に困難

ポケモンスクラップは終了しているにも関わらずこんな一発ネタのために控えめで厳選するわけにもいかないところ()

まあ控えめなら上手く使えなかったらSに振ってスカーフを持たせればそれも立派な一つの型ではあるのだが…

 

偽役割

当ブログの単体考察で度々取り上げている役割関係の中で特に偽役割について。

思考の整理のための記事。

 

役割とはあるポケモンが「後出し」からある相手のポケモンに勝てることを言う。

f:id:Brighton30:20170312135517p:plainf:id:Brighton30:20170611112413p:plain(後出しから勝てる)

この場合はカプレヒレの役割対象にサザンドラがある状態であり、逆にサザンドラから見たカプレヒレは「被役割」という関係にある。

 

もう一つ重要なのは対面の対象へ勝つことができる偽役割という関係。

この偽役割の広さのことが対面性能と呼ばれているものである。

f:id:Brighton30:20170504105217p:plainf:id:Brighton30:20170305102014p:plain(対面で勝てる)

 

シングルバトルにおいてはこの偽役割の関係がまず第一と考えている。

なぜなら偽役割で負けている側が交代しなければそのポケモンを失うからであり、交代がなければサイクル戦にはならず役割の関係が生きないからである。

 

  • 勝てるのは対面からで繰り出しからは勝てない

上記のリザードンギルガルドにおいて、リザードンの繰り出し際にギルガルドがゴーストZや岩技を選択していた場合にはリザードンが倒れるか影打ちで縛られるのは必至であり役割を持つことが不可能である。

逆に言うとギルガルドに対しリザードンを半ば無理矢理繰り出した場合でも上述の型や行動でなければ役割は(一度は)保持できている。

  • 互いの型や状況で役割関係が覆ることがある

極端な場合だが、上記でギルガルドが襷を持ちかつ岩技所持の場合にはリザードンが対面で打ち負けるのでむしろギルガルドの偽役割にリザードンがあるという関係になる。

また仮にギルガルドがステロを踏んだりリザードン側のポケモンと打ち合って削られたりしてダメージを受け襷を発動できなくなった場合にはリザードンギルガルドを縛れているためリザードンギルガルドへの偽役割を持てる状態になる。

 

つまりある条件で偽役割は変わるため勝てる状況を味方と併せて作ることも重要である。

削りの他に状態異常、ランク補正、追い風、壁といったもので偽役割は覆るということ。

 

互いに役割関係がない(役割及び被役割の関係になく繰り出すことができない)ポケモンが偶発(初手等の同時出し)で対面するケースも実戦ではままあり、この場合もどちらかが偽役割の関係ではある。

このまま打ち合った場合にはどちらかが打ち勝ち場に残るが、疲弊することで他のポケモンへ対する役割や偽役割を失う。このことが間接役割破壊と言われるもので役割集中にも通じるもの。

偶発で偽役割を持てたとしても間接役割破壊によって他のポケモンへの役割及び偽役割を失うとまずい場合は相手の場のポケモンへの役割を持てる味方に引くべきである。

ある対戦の中で自身のポケモンの役割関係を意識し、その中でも重要なポケモンは疲弊させる局面や相手を選ぶ必要があるということ。

 

単体考察、構築作成、選出、対戦中全てにおいて自分のあるポケモンが相手のあるポケモンのある型に対面で勝てるかどうか(偽役割を所持しているか)という判断が重要なベースになっている。

そのことも念頭においてプレイや考察をしていきたい。

広告を非表示にする

Diary 2017 6/4

近況報告と与太話

  • 紫月杯

先週の日曜日には紫月杯という仲間大会に参加させていただいた。

運営の方々及び参加者の方々には重ね重ね感謝している。

目的としては交流が大きかったのだが、運に恵まれ決勝トーナメントに残ることができた。

明日まず一回戦を戦うがベストを尽くしたい。

予選の構築に関しては遅くともS4終了後には公開したいと考えている。

 

  • 考察等をブログに書く意味

僕の場合は基本的には自己満足やメモ帳。

自己満足だけならそれこそ紙媒体やオフラインのメモ帳に書いていればいいわけで、結局のところ誰かに認められたいという欲があることは否定しない。

またポケモンというゲームの性質が他のプレイヤーと交流することを推奨しているし、その交流を広げるためにもブログをやっている意味はなくはない。

あと真偽の程は不明だが最近はプレイヤー人口の減少がささやかれていて、減少を食い止めるためまた新規の方を増やすために僕ができることは自分の考えや考察をこの場で公開するくらいである。

これまでも何名かの方が僕のブログを面白いと言って下さったことが至上の喜びであり、オンラインにこれを載せた意味が少しでもあったのかなと感じた。

 

逆に僕が読み手に回った際に、単純に考察についての情報を入手するためと暇潰しが目的ではある。

その中でも暇潰しのウエイトが高いので、言い方が悪いとそこまで真剣に読むことはなく、流れてきた記事や交流がある方が書いた記事を読むことが多い。

その他特定のポケモンや並びや思考について調べたいときには検索でヒットしたものや記事リンクまとめのものを読むことはある。

単純な内容も勿論だが書いたプレイヤーの考えが色濃く反映されるものであるので書かれた以上の何かを読み取れると非常に面白いと感じている。

 

ここで何が言いたいかというと、もっと多くのプレイヤーが色々書いてくれると嬉しいということ。

以前も別の記事で述べたのだが、ある考察や考えが正しいとか間違いとかではなく、暇潰しになることや様々な考え方を知りたいと考えているから。

 

最後に、ブログは書いている人の脳みそに詰まった以上のものは出せないということ。当ブログに関しては僕自身のプレイスタイルもねじまがったものであり全く強くもなく、感心できる内容のものは非常に限られているから参考になったと感じる部分だけ持ち帰ってほしい。

広告を非表示にする