サラマンスター(ポケモン)

サンムーンシングルレート中心に殴り書き Twitter:@Shelgon30

サンムーン

Diary 10/14 2017

普段と違うポケモンを使うこと 最近はマンダ入りを使いつつ、もう一つのロムでは全く異なる構築を使用している。 その構築を使おうと考えた理由は気まぐれやマンダ入りを考えることに行き詰まりを感じたことも大きいが以下のような理由もあった。 見識を広げ…

志向から見るボーマンダ

今回の記事は以前の書いたものの補足的な内容。 サンムーンのマンダ軸所感 - サラマンスター(ポケモン) 構築のアーキタイプや単体の性質として存在する要素である志向。 志向に関して詳しくは以下のリンク先が詳しい。 志向の三すくみ(分類) - 冷凍庫 系…

サイクルのHSカプ・レヒレ雑感

極めて優秀な数値タイプ技とミストフィールドによる異常無効から参加できる複数回のサイクル中では屈指の強さを誇るこのポケモン。 サイクル構築で採用されるのは図太いHBベースが基本だと思うがS5では臆病HSベースで使用していたためその際に気がついたこと…

Diary 9/15 2017

第五世代のときにはフリーで中堅マイナーをそこそこ使っていた。 だからテラキオン弱いと言ってたレート民のことを「スペックに甘えてるだけの君が弱いだけでしょ」と思っていた。 どうしても見れる範囲を考えるとKP上位は圧倒的な強さであることを痛感する…

【サンムーンS5使用構築】受け回したいマンダカバロイド

S5お疲れ様でした。 対戦して下さった方々に感謝致します。 並び 相も変わらずタイプ補完サイクルのカテゴライズ。 今シーズンはボーマンダ入りに対して強い崩し(リザードンYウルガモス霊獣ボルトロス)に刺さるスカーフウツロイドを試したかったのでそこか…

【SM版】耐久サンダーエッセンス

耐久サンダー(図太い穏やか)解析。 ORASのS17やSMS4でHDサンダー、SMS3でHBサンダーを使用したのでその使用感のような内容。 僕自身はボーマンダと併せてしか採用したことがないため視野が狭いところはあるがご了承願いたい。 読むにあたって電気→水→地面→…

拘り変化技の功罪

拘りというアイテムは他と比べて非常に異質だがスカーフの場合にはもはや同じポケモンではないと考えていいかもしれない。 特に当記事ではスカーフウツロイドのステルスロックを中心に言及していく。 まずスカーフロイドの採用理由 1.最終盤の抜き(攻撃の…

降参

対戦中に逃げるを選択して降参することについて考えていること。 ある一戦の対戦中においては降参を選ぶメリットはないのだが、レートのシーズンでの戦いという長期的に見た際にはメリットが生じると思う。 無駄な時間を使わない 型ばれを防止する 主にこの…

紫月杯決勝トーナメントレポート

タイトルの通りで僕の各対戦における思考なんかのアレ。 予選の記事を読んでいないという方がいればそちらからお読みいただくとありがたい。 【紫月杯予選使用構築】即席マンダランタカグヤ - サラマンスター(ポケモン) 決勝トーナメントにおけるルールは…

【サンムーンS4使用構築】マンダランタカグヤ改

S4お疲れ様でした。 対戦して下さった方々に感謝致します。 並び 今シーズンは紫月杯の方に重きを置いたこと、考えていたものが予想以上に酷い体たらくだったのでレート用の構築を用意できなかった(サブロムの構築は試験的な意味もあった)。 そのためS1の…

【サンムーンS4使用構築】何となくグロスマンダ

S4お疲れ様でした。 対戦して下さった方々に感謝致します。 並び 守備気質な感じもしなくもないタイプ補完サイクル。 今シーズンは序盤にQRを試してメタグロスの対面性能やタイプ受けの崩しに惚れ込んだこと、また身代わりマンダが増加傾向にある関係で対鋼…

【紫月杯予選使用構築】即席マンダランタカグヤ

かなり時間が経ちましたが紫月杯お疲れ様でした。 運営の御三方及び参加者の方々、ありがとうございました。 今回は予選で使用した構築及び簡単な予選総括の記事になります。 大会の詳細は運営のくらはんさんのブログ(以下のリンク)を参考に願います。 〜…

レリセガチアンチ

僕自身がレリセをしようと思わない理由は、戦績リセットや時間がもったいないこと、後述の問題を防ぐこと、ゲームシステム的に時間変更ペナルティを受けるからである。 ただレリセがはっきり言ってしまえば嫌いな方である。 この界隈は使っているポケモンや…

オタクの自分語り

当ブログをはじめて一年になる。 これまで閲覧して下さった方々、また今でも読んで下さっている方々に感謝したい。 ブログをはじめた当時はORAS終盤。 ランダムにはずっとボーマンダ入りで惰性で潜っていたが、当時から下手くそだったのでレートも当然大した…

【一発ネタ】対ギャラ用サンダー

サンダー@ゴツゴツメット 静電気 191(204)-x-124(148)-176(116)-111(4)-125(36) 10万ボルト/残り自由 配分の意図 C:ゴツメと併せ突破を狙う ゴツメ×2+10万ボルトで181-151メガギャラ最低乱切り倒す 熱風 181-150ナットレイ 172~204 乱1(5/8) めざめるパ…

偽役割

当ブログの単体考察で度々取り上げている役割関係の中で特に偽役割について。 思考の整理のための内容だがほぼ全てのプレイヤーが意識していることだと思う。 役割とはあるポケモンが「後出し」からある相手のポケモンに勝てることを言う。 ⇒(後出しから勝…

Diary 6/4 2017

近況報告と与太話 紫月杯 先週の日曜日には紫月杯という仲間大会に参加させていただいた。 運営の方々及び参加者の方々には重ね重ね感謝している。 目的としては交流が大きかったのだが、運に恵まれ決勝トーナメントに残ることができた。 明日まず一回戦を戦…

ボーマンダ繰り出しと割り切り(メモ)

まずはこの記事でマンダの基本的な性質を確かめてほしい。 マンダ軸サイクルパ - 大空の支配者 確かにマンダはマークが厳しいこともあり「安全に」繰り出せる対象は少ない。 ただ攻撃力耐久力速度全ての総合力は桁外れなため多少強引に繰り出して上から削れ…

物申す

不穏な内容なため閲覧注意。

【サンムーンS3使用構築】鋼枠分担マンダサイクル

シーズン3お疲れ様でした。 対戦して下さった方々に感謝致します。 並び 懲りずにタイプ補完サイクル。見た目が弱そうな構築を作ることに関してはレート2300 組み始めはボーマンダ+アローラベトベトン。 マンダが苦手とするカプテテフゲンガーゲッコウガポ…

Diary 5/3 2017

最近嬉しかったこと レート2000行けた(しかも今までで最も少ない対戦数で) FFの方や有名な方とマッチングして戦う機会があった ブログやtwitterでの考察が活発な気がすること 僕のブログが面白かったとおっしゃってフォローや読者登録して下さった方がいる…

使い捨て

S2構築において既出ながら取り入れた概念? ここでいう「使い捨て」は、定義的に再生回復等の高い回復力(及び高耐久)を持つポケモンではないもの全般。 敢えて使い捨てと呼ぶに当たって単純なアタッカーはそう言いにくいニュアンスであり、サイクル導入の…

最近のアレ

ここ数日TLを賑わせた諸々について無名雑魚である僕の考えを羅列していくだけの記事。 僕自身の考え、向き合い方、意識等は過去の記事にそこそこに書いたような気がするのでここでは割愛する。もしも読んでみたいという方がいらしたら最下部のリンクから参考…

結果と比較

良くも悪くもランダムレートは戦績が数値に現れどうしても戦績を比較してしまうところはあると思う。 少し前に対戦から距離を置いて考えたことの一つに、戦績を競い戦う相手を他のプレイヤーではなく過去の自分とすることによって要らぬ争いやストレスを避け…

サンムーンのマンダ軸所感

ボーマンダ単品から話を広げていく。 まず第七世代のボーマンダというポケモンは間違いなく強い。 初速仕様の変更による対面性能の強化、最上位メガのデフレは追い風である(マンダも最上位メガの一角だが)。 ただし自身もドラゴンタイプの相対的な逆風とス…

単体の評価方法(点数区分)

あるポケモンの性能を説明するための点数区分の説明。 次回公開予定の記事の補足的な内容でもある。 点数区分とは、あるポケモンのある項目について10点満点と考えて点数をつける評価の方法。 つまりキャラランクの評価のモデルの一つであり、プレイヤー毎に…

【サンムーンS2使用構築】起点回避マンマン準伝サイクル

シーズン2お疲れ様でした。 対戦して下さった方々に感謝致します。 単純な完成度の低さからこの構築は失敗作です。 この点をご了承の上お読みいただくと幸いです。 並び S1の焼き増し。タイプ補完サイクル。 各ポケモンの補完範囲はもとより使用率の高いポケ…

おいうちアローラベトベトン【役割意識】

ベトベトン(アローラのすがた)@チョッキ、フィラ系、ラム、黒い眼鏡、力の鉢巻、帯 毒手/くいしんぼう おいうち/毒突き、ダストシュート、叩き落とす、噛み砕く、影打ち、大爆発、ストーンエッジ、岩雪崩、岩石封じ、瓦割り、大文字、火炎放射、クリアス…

ヨプマンムー【対レボルト】

マンムーばっかでむさくるしい… マンムー@ヨプ 厚い脂肪 氷の礫/@3(氷柱針推奨) 205(156)-189(172)-101(4)-x-102(172)-101(4) 配分の意図 HD:霊獣ボルトロス(以下レボルト)のZ気合玉を意識 C197レボルト Z気合玉 138~163 同上 ヘドロウェーブ 34~41…

マンダランターンの軌跡

周囲の数値上昇や強力なサブウエポンや積み技追加によってタイプ補完は世代が進むごとに厳しくなっている感はあるが、老害思考の僕はある意味ポケモンバトルの原点であるタイプ相性を重く見たこの並びが好き。 勝利と趣味のバランスを考えた僕なりの結論の一…